主婦が出来る簡単タイピング練習法3選、家計簿もつけられて一石二鳥な練習法

事務で仕事をしている方はパソコンのタイピングが高速です。目にも止まらぬ速さです。しかし、現在事務から離れている、パソコンはネットを見るくらいの方はタイピングが遅いという人もいるのではないでしょうか。

1.タイピングの練習は毎日しましょう

無料のタイピングソフトも充実しています。ゲーム感覚のものもあります。自分に合ったタイピングソフトを見つけてみましょう。

テンキーのスピードが遅い方は面白い練習方法があります。買い物をしたら必ずレシートを取っておいてください。レシートの購入金額をセルに打ち込んでいく練習です。ついでに家計簿もつけられるので一石二鳥です。毎日練習することがどうしても難しい場合は週に一度でも良いです。

まとめ買いが多くてレシートが貯まらない方は、買い物の合計金額ではなく一つ一つの商品の値段を入力して、合計金額と合ってるか検算してみてください。打ち間違い、消費税の計算忘れなどがないか確認出来ます。

2.検定などの資格を目指して目標を作る

タイピングの練習は地味で飽きやすいものです。検定など目標を作ってみましょう。検定を受けるお金がもったいない方は過去問題にチャレンジしましょう。過去問題と合格基準を公開している検定もあります。家計簿をつけるついでのタイピング練習だけだと、日本語の長い文章を打つ速度はなかなか上がりません。検定の問題文などを打つ練習をしてみると自分のタイピングがどの辺りのレベルなのか把握できます。

3.ブログやWeb小説・エッセイを初めてみる

家計簿、検定なんてやりたくないよ、もっと面白い方法でタイピングが上手になりたいという方は、ブログやWeb小説・エッセイなどを初めてみることをオススメします。楽しく学ぶという点ではこの方法が一番だと思います。数字入力やテンキーのスピードは上がりにくいですが、文字打ちは速くなります。

作品はもちろんですが、コメントやレビューのやり取りをしているうちに楽しくタイピングのスピードが上がっていきます。小説やエッセイは書くことがないから無理という方はブログがオススメです。

何気ない日常の出来ごとを日記帳に書く感覚で始められます。ただ、Webに公開しているので、個人が特定出来る内容、友人や知人が見て不快になる内容はやめましょう。一億総SNS社会です。ペンネームを使ってもどこで誰が見てるか分かりません。ブログを書くときはペンネームでも、本名が万が一友人にバレたときに、胸を張ってこれが私のブログですという内容にしましょう。

ポジティブで明るく楽しめる内容にしておけば大丈夫です。

家計簿をつけながらタイピング練習をする、検定を受ける目標を立ててタイピング練習する、ブログなど自己表現をして楽しくタイピング練習する、3つの方法を紹介しました。私は家計簿とブログで日々練習しながら今年は検定受けようと思ってます。まだまだ亀さんみたいなタイピングですが、うさぎさんを目指して頑張ります。視力回復家でアイトレーニング